プロフィール
梅田尚=梅さん
梅田尚=梅さん
岩手生まれの仙台育ち。高校生の時に親父が農家やるために山元町に移住。26歳の時に仕事のため再度仙台住まい。いつでも帰れる実家が有ることが当たり前だったのに…通学に使った山下駅…ジャンプを買った商店…お菓子を買ったセブンイレブン…散歩した道…いつもの風景が壊れたのを見て自分の「今」やることを決めました。是非力を貸して下さい。
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
インフォメーション
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2018年07月16日

2018年3月11日

非常に遅ればせながら2018年3月11日の写真を投稿します。(本ブログの投稿日:2018年7月16日)

2018年の3月11日の写真

自身にとっては時間の流れを感じる写真になりました。東日本大震災が起きてから2012年以後の3月11日は追悼のための日でした。もちろん今年の3月11日も同じつもりです。

今年の追悼の会場には息子と同年代の子供達も同席しておりました。当然長い時間辛抱することはできず、15分くらいで退席しました。

海の真ん前に在るお寺で、追悼式典において震災の後に生まれた子供達と平和に過ごすという、時の流れを感じる日となりました。

写真中の彼らが遊んでいる部屋はつい5~6年前に、追悼の読経をなさっている住職さんや宮城県内外から来たボランティアメンバー達が晴天時には汗を拭き、寒空の時には身を震わせ再生した部屋でもあります。今は暖かく風も吹き込まず子供達を守ってくれています。

ここ数年、震災の後に親となった私にとって3月11日は故郷の再生と子供達の成長を実感する節目になりました。

来年はもう少し大人になった子供達と「最後まで」追悼ができることを願いつつ一年を過ごしたいと思います。









同じカテゴリー(山元町で見て聴いた情報)の記事画像
7月16日の記事
山元町と新地町の間をはしる県道38号線と新地町の様子2018年6月版
山元町ふれあい産業祭2017年
常磐線復旧 山下駅
りんごラジオ閉局
変わりゆく風景 磯浜漁協・りんごラジオ・新地町との県境
同じカテゴリー(山元町で見て聴いた情報)の記事
 7月16日の記事 (2018-07-20 12:30)
 山元町と新地町の間をはしる県道38号線と新地町の様子2018年6月版 (2018-07-18 12:15)
 山元町ふれあい産業祭2017年 (2017-11-22 22:51)
 常磐線復旧 山下駅 (2017-03-28 12:00)
 りんごラジオ閉局 (2017-03-27 21:28)
 変わりゆく風景 磯浜漁協・りんごラジオ・新地町との県境 (2017-03-27 12:00)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
2018年3月11日
    コメント(0)